眞子さまが離婚したら苗字は小室のまま!回避方法は養子や再婚のみ?

スポンサーリンク

2021年10月26日にご結婚された元皇族の眞子様と小室圭さん。

これからは「眞子さま」ではなく「小室眞子さん」となります。

おめでたいニュースに縁起でもないですが、

「離婚したら小室眞子さんの苗字はどうなるか?」

と素朴な疑問として話題になっています。

今回は、皇族が離婚した場合の苗字の扱いについて、ご紹介します。

スポンサーリンク

眞子さま結婚!「小室眞子さん」になった

(画像引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/2503c685c03f82bd790378c613f07ac37c5b11a4/images/000)

2021年10月26日にご結婚された元皇族の眞子様と小室圭さん。

これからは「眞子さま」ではなき「小室眞子さん」になります。

結婚すぐに縁起でもないですが、離婚した場合の苗字について、素朴な疑問が湧き上がっています。


スポンサーリンク

眞子さまは離婚しても「小室眞子」!?

結論から言うと、眞子さんは離婚をしても「小室眞子」のままとなります。

そもそも「秋篠宮」は名字ではない!

独身時代、学校などでは便宜上「秋篠宮眞子」と名乗っていた眞子さま。

しかし、「秋篠宮」は苗字ではありません。

今回、結婚のより皇室を離脱した眞子さま。

皇族に苗字はないため、万が一、離婚して苗字を失っても、戻る苗字がありません。

皇室典範(第12条)に、戻れないと記載がある!

また、皇族典範の第12条に、

『皇族女子は、天皇及び皇族以外の者と婚姻したときは、皇族の身分を離れる』

という記載があります。

戻る苗字がない上に、皇室に戻ることはできない状況…。

これは、離婚しても、離婚前の苗字を名乗らなくてはならないことを意味しています。

眞子さまの例に当てはめると、仮に小室圭さんと離婚して、

別々の道を歩むことになったとしても、眞子様は「小室眞子さん」であり続けるということです。

離婚は万が一の話ではありますが、離婚しても同じ苗字だなんて、なんだか嫌ですよね…?

スポンサーリンク

元皇族が離婚後に苗字を変える方法は?

そこで、万が一に眞子様が離婚したとして、「小室眞子」を名乗らなくて良い方法を勝手ながら調査しました。

以下の方法があるようです。

① 養子になる

仮に離婚しても、皇族に戻ることはできない眞子様。

秋篠宮に戻ることはできないですし、そもそも「秋篠宮」は苗字ではありません。

そこで、手っ取り早いのは、信頼できる親族などの養子になること。

これにより、養子先の苗字を名乗ることができます。

② 再婚する

自力で苗字を変えるなら、再婚です。

結婚により苗字を変えるのは、ごく自然のことですからね。

ただ、離婚~再婚までの間は、「小室眞子」となります。

スポンサーリンク

おわりに

数年かけて遂に結婚に至った小室眞子さんと小室圭さん。

おめでたいニュースに縁起でもない素朴な疑問が話題になりましたね。

しかし、大きな逆境を乗り越えた2人ですから、離婚せずに一生添い遂げられるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA