中田翔の生い立ちがヤバい!素行の悪さは父親や家庭環境が原因だった?

スポンサーリンク

2021年8月、日本ハムで暴力沙汰の不祥事を起こして謹慎になったと思いきや、巨人に電撃無償トレードした中田翔選手。

しかも早々に巨人でスタメン出場、しかもホームランを放ち、連日話題が絶えません。

今回は、中田翔選手の生い立ちについて、調査しました。

素行の悪さや複雑な家庭環境、父親の職業に関するよからぬ噂がありましたので、ご紹介します。

【関連記事】巨人・中田翔の金ネックレスに批判殺到!外さない理由やブランドはどこ?

スポンサーリンク

中田翔の素行の悪さは生い立ちや家庭環境が原因?

(画像引用:Instagram@中田翔)

2021年8月11日、日本ハムの中田翔選手(32)がチームメイトである中堅投手・井口和朋選手に暴力を振るっていたことが判明。

日本ハムは、出場停止処分を科したと発表しました。

しかし、出場停止処分が下されて間もない8月21日に日本ハムから巨人へ無償トレードが報じられます

中田翔選手は、日本ハムでの円陣の態度や、後輩への態度が悪いとの指摘も受けました。

また、過去にも先輩である鵜久森淳志選手と怒鳴り合いの喧嘩もしています。

そのため、素行が悪いと言われる中田選手。

原因は生い立ちや過去にあると考える人が多いようで、中田翔選手について検索すると「家庭環境」というワードが出てきます。

スポンサーリンク

中田翔の父親の職業がヤバかった?

それでは、中田翔選手の生い立ちについて、育った家庭環境を見てみましょう。

まずは、一番影響しそうなエピソードに、中田翔選手の父親の噂がありました。

広島県広島市出身の中田翔選手。

入団当時から、父親は広島の暴力団の組員ではないかという噂がありました。

真相は定かではないですが、父親の所属が「共政会」という具体的な話まで出ています。

ただ、広島県出身ということと、中田翔選手の強面の見た目、素行から出ただけの可能性も高いです。

ちなみに、中田翔選手は母子家庭で育っています。

父親はいません。

それゆえ、これは見た目や素行、出身地から出た、ただの噂であると思われます。

スポンサーリンク

中田翔の生い立ち① 母親と兄の3人家族!母子家庭で育った

先述の通り、母子家庭で育った中田翔選手。

母親は、香織さんというそうです。

また、兄がいて、龍(りょう)さんというそうです。

2人兄弟の末っ子、3人家族で育った中田選手の幼少期の画像がこちら。↓

(画像引用:https://oitachi-ima.com/asuri-to-oitachi/297/)

面影がありますし、当時からやんちゃそうですね。

スポンサーリンク

中田翔の生い立ち② 小学生時代からケンカっ早い子供だった!

広島県広島市中区出身の中田翔選手は、地元小学校・広島市立竹屋小学校に通っていました。

小学生時代から、けんかっ早い性格だったようです。

中田選手が野球を始めたのは、小学校3年生。

広島鯉城リトル捕手として野球を始め、6年生で投手に転向します。

けんかっ早い性格は持ちつつも、野球は頑張ってきたのですね。

中学は、地元の広島市立国泰寺中学校

中学時代は、鯉城シニアで日本代表入りを果たし、エースで4番、アメリカ遠征で4本塁打を放ち、MVPに輝きます

そのため、広島でもかなり有名な野球少年だったようですね!

ちなみに、特にやんちゃな暴れん坊といわれた中学時代。

暴走族にいた、少年院に入っていた、という噂まで…

これはさすがに野球部を退部になりそうですので、単なる噂なのではないかと思いますが…。

ちなみに、中田翔選手は広島市民らしい広島東洋カープファンでした。

スポンサーリンク

中田翔の生い立ち③ 高校は気に入らない先輩を洗濯機に!?

広島生まれ、広島育ち、カープファンの中田翔選手ですが、高校は大阪桐蔭高校へ進学します。

一部では、先日の父親が暴力団員という噂で広島県内の高校が入学を嫌がったのでは、という噂があるようです

しかし、中田選手の野球の実力は本物ですし、両親が離婚して父親は別家庭。

そして先述のとおり、父親が暴力団員というのも見た目や出身地、素行からの噂に過ぎません。

なので、進学に関するこの話も、ただの噂ではないかと思います。

進学先は、野球の名門・大阪桐蔭高校ですからね!

中学時代、大阪桐蔭高校の西谷浩一監督が何度も広島に通い、中田選手を入学させたと言われています。

ちなみに、高校時代の素行&やんちゃエピソードに、

「気に入らない先輩を頭から洗濯機に入れた」

と言うものがありました。

かっとなったら、抑えきれない性分なのでしょうか。

ちなみに、野球では高校でも、中田選手は大活躍、甲子園には3回出場します。

1年生の夏には、5番・一塁手でレギュラーとなり、2005年夏の甲子園ベスト4に入ります。

2年生の夏、3年生の春にも甲子園に出場。

高校通算で87本塁打、甲子園では歴代7位となる4本塁打という成績を残しました。

そのため、「平成の怪物」という異名を持っています。

スポンサーリンク

中田翔の生い立ち④ プロ野球界入り

高校生時代の2007年のドラフト会議では、佐藤由規選手、唐川侑己選手と並んで「高校ビック3」と呼ばれた中田翔選手。

日本ハム、阪神、オリックス、ソフトバンクの4球団から1位指名を受けます。

結果、抽選で交渉権を獲得した日本ハムに入団します。

そして、高卒新人として史上5人目となる契約金1億円、出来高5,000万円、推定年俸1,500万円で契約

ルーキー時代、年俸1500万円を12で割った金額から税金を引いた額が、口座に振り込まれたそうですが、

母親の香織さんとの話し合いの結果、月の小遣いは30万円という事になりました。

18歳の中田選手には30万円は十分すぎる気はしますが、中田選手は「何も買えない」といったそうです。

しかし、これは「親孝行が十分にできない」と言うことだったそう。

女手一つで育ててくれた母親、一緒に育った兄に感謝の気持ちが強く、プロ野球入りしてからは親孝行を欠かさないようです。

素行が悪い部分はあるとはいえ、家族は大切にされているようです!

スポンサーリンク

中田翔の現在は、嫁と4人の子供がいる!

そんな中田選手は、高校時代の同級生の嫁と結婚。

2021年8月には4人目の子供が生まれ、6人家族です。

我が子が大好きなようで、Instagramにも度々登場します。

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sho Nakata6(@shonakata_official)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

Sho Nakata6(@shonakata_official)がシェアした投稿

スポンサーリンク

中田翔のプロフィール

最後に、中田翔選手のプロフィールです。

名前:中田翔(なかた しょう)

生年月日:1989年4月22日

年齢:32歳(2021年8月現在)

出身地:広島県広島市中区

身長:183㎝

体重:100kg

投球・打席:右投右打

ポジション:左翼手、一塁手

年俸:3億4000万円(2021年・3年契約・日本ハムから引継ぎ)

スポンサーリンク

おわりに

中田翔選手の生い立ちをご紹介しました。

昔からやんちゃだったようですね。

しかし、32歳になって後輩を殴るのは許されることではありません。

本人も反省されていることでしょう。

【関連記事】巨人・中田翔の金ネックレスに批判殺到!外さない理由やブランドはどこ?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です