【現場画像】東大薬学部(本郷キャンパス)火事ヤバい!被害状況や原因は?

スポンサーリンク

2021年8月15日午前9時すぎ頃、東京大学本郷キャンパス薬学棟で火災が発生しました。

ボヤではなく、大きな火災のようで、目撃情報も相次いでいます。

今回は、東大薬学部(本郷キャンパス)火災の画像や動画、被害状況、原因をご紹介します。

スポンサーリンク

【衝撃画像】東京大学薬学部(本郷キャンパス)火災がヤバい!

火事があったのは、2021年8月15日午前9時すぎ頃、東京大学・本郷キャンパスの薬学系総合研究棟(東京都文京区本郷)。

報道された画像はこちら。

(画像引用:https://news.yahoo.co.jp/articles/e906f7dab505cb51d2e096d6ea1e216896bd8280)

大きく煙が出ており、黒煙も発生しています。

また、火災発生現場では、火が燃え上がっていますね。

この火災で、警備員の30代男性が怪我をされたようです。

スポンサーリンク

【画像】東京大学薬学部火災の被害状況①

報道画像以外にも、近隣住民や通りすがりの人から、Twitterで次々と被害状況の画像が投稿されています。

遠くからでもわかる煙に、たくさんの消防車、人だかり…

大きい火事のようです。

画像以外にも、Twitter投稿から、火事の大きさがわかります。

スポンサーリンク

【動画】東京大学薬学部火災の被害状況②

Twitterでは、近隣住民や通りすがりの人からの動画も投稿されています。

薬学棟の火災ということで、多数の薬品がありますから、心配です。

遠くからでも、黒煙が高く上がっているのが分かりますね。

被害は30代警備員の男性の怪我とのことですが、心配です。

一刻も早い回復を願います。

ちなみに、火は、2階部分50平方メートルを焼いて、ほぼ消し止められたそうです。

スポンサーリンク

東京大学薬学部・火事の原因は?

火事のあった東京大学・本郷キャンパスの薬学系総合研究棟では、実験の準備のため、学生が前日から薬品を機械で温めていたそうです。

これが事故の原因と思われていますが、警視庁が出火との関連を調べている最中のようです。

原因が分かり次第、追記します。

おわりに

日本の研究最前線、東京大学での火災。

大きな火災だったようで、近隣住民や通りすがりの方も怖い思いをしましたね。

怪我をされた方の1日でも早い回復を願います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です